エントリー上部画像
11月24日(火)

バンビエン
にさよならを。
IMGP7660
IMGP7660 posted by (C)@COZY

CHANTHALA Guesthouse
を後に、僕はラオスの首都ビエンチャンに行くため、バスステーションへ歩き出した。
途中でソンテウが止まって、ビエンチャンへ行くと言うので乗った。
約3時間半でビエンチャンに着いた。30000K(300円位)。

しかしトンでもない所で降ろされてしまったらしい。
ビエンチャン
ビエンチャンでも、街から離れていて空港よりも更に西だそうな。

ヒッチハイク気分で親指を立てるとやはり、止まったのはトゥクトゥク
5000K(50円位)でトゥクトゥクに乗せて貰う。

悪名高い
(後で南京虫で有名だと知った)SABAIDY Guesthouseにチェックイン。此処は4年程前にも泊まったのだ。
ドミトリー20000K(200円位)。
IMGP7848
IMGP7848 posted by (C)@COZY

宿の前でタバコを吸って、オーストラリア人のロイドと喋っていたら仲間がどんどん集まってきた。
日本人の銀ちゃんとみゆきちゃん、イスラエル人のアサフ、フレンチのジェシカだ。
6人になった我々は、御飯を食べて、お酒を飲んで、それぞれ帰った。
IMGP7748
IMGP7748 posted by (C)@COZY

11月25日(水)

コーヒー屋のおばあちゃん。
IMGP7766
IMGP7766 posted by (C)@COZY

昨日聞いた情報により、朝早くタイ大使館へ。
タイ
はノービザ30日だと思っていたら15日に短縮されたらしく、今ならキャンペーン60日ダブルのビザタダで貰えるらしいのだ。
IMGP7930
IMGP7930 posted by (C)@COZY

迷ったが何とかタイ大使館に辿り着き、ビザの申請を終えて、シャンドンと再開し、街を散歩した。
IMGP7755
IMGP7755 posted by (C)@COZY
IMGP7787
IMGP7787 posted by (C)@COZY


宿に戻ると、昨日少し喋った男と偶然バッタリ再会したのだ。
彼はフィリピン人。ジュン・エジェルシトと名乗る、フィリピン航空のスチュワートだ。
彼は同じ宿に泊まっているわけではなく、たまたまSABAIDY Guesthouseに貼ってあるポスターが気になって立ち寄ったのだ。


そう、それがクレジットカード詐欺事件の幕開けだった。

そこにまた昨日の銀ちゃん、みゆきちゃん、アサフが加わり、ジュンと5人でお茶をすることに。
ジュンの話を皆で聞き、タイ大使館で出会ったトシアキ君も加わり、喋った。
ジュンは俺にコーヒーを奢ってくれた。
銀ちゃん、アサフはバンコクに、みゆきちゃんはルアンパバンにそれぞれ旅立ち、残された俺とトシアキ君とジュンの3人で御飯を食べることに。
ジュンがコリアンレストランで焼肉を奢ってくれた。
会社から1日100ドル貰えるから使わないと勿体無いんだそうな。
IMGP7870
IMGP7870 posted by (C)@COZY

余談だが、ジュンと別れて、俺とトシアキ君はメコン川を眺めながらタバコを吸い、喋っていたら軍人達にパスポートチェックを受けた。
メコン川を越えたらタイだ。国境警備隊みたいな感じなのかな。


11月26日(木)

今日はビザをゲットしに再びタイ大使館へ行かなくてはならない。
モーターバイクを借りたジュン
が12時に宿に来るはずなのでそれまで寺で休んでた。
IMGP7913
IMGP7913 posted by (C)@COZY
IMGP7901
IMGP7901 posted by (C)@COZY
IMGP7908
IMGP7908 posted by (C)@COZY
IMGP7909
IMGP7909 posted by (C)@COZY

12時にジュンと合流し、ランチを奢ってもらった。
ホテルのバイキング
だった。まじでうまかった。
IMGP7928
IMGP7928 posted by (C)@COZY

無事、タイの大使館でビザをゲットした!
後はラオスを抜けてタイに渡るだけなのだが…
IMGP7925
IMGP7925 posted by (C)@COZY
  1. ラオス(Laos)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:2
エントリー下部画像
エントリー上部画像
11月18日(水)

朝8時過ぎにルアンパバーン南バスステーションに着くと、バンビエン行きはVIPバスしか無いと言われた。
VIPバスは125000K(1300円位)。馬鹿高いと思うが仕方が無い。
IMGP7275
IMGP7275 posted by (C)@COZY

9時過ぎに出発。15時頃バンビエン到着。
隣はラオ人(?)だったので会話が全く成り立たず、約6時間、暇で仕方なかった。
IMGP7308
IMGP7308 posted by (C)@COZY

バンビエン
に着いて、最初バンガローをちらほら当たってみたが高いので日本人宿CHANTHALA Guesthouseに決めた。
シングル30000K(300円位)、バナナ食い放題、ここではタカさん、ニベヤ君、タケル君等等、面白い日本人の人が沢山いた。
でもバンガローなら、タケル君に教えて貰ったBANANA BUNGALOWSが1泊30000Kで良さそうだった。
IMGP7322
IMGP7322 posted by (C)@COZY

バンビエン
には4年程前、東南アジアの旅で来た事があって、その時は1番お気に入りだった街だが今は変わってしまった。
ゲストハウスやレストランが乱立し、人が増え、ディスコの様な物まで出来て、夜の化粧を施したラオ人の女の子が歩いてる。
IMGP7333
IMGP7333 posted by (C)@COZY

昔の様な田舎のバンビエンは今は、もう、無い
IMGP7420
IMGP7420 posted by (C)@COZY

それでも僕は楽しくて、6泊もしてしまった。
IMGP7547
IMGP7547 posted by (C)@COZY
IMGP7347
IMGP7347 posted by (C)@COZY
IMGP7341
IMGP7341 posted by (C)@COZY
IMGP7519
IMGP7519 posted by (C)@COZY
IMGP7586
IMGP7586 posted by (C)@COZY
IMGP7603
IMGP7603 posted by (C)@COZY

何故なら、コリアンの、ユアンと一緒だったからだ。
IMGP7357
IMGP7357 posted by (C)@COZY

バンビエン
は安い飯屋がちょっと無くて、食費がやたら掛かったけどもうどうでも良くなっちゃって、フルーツシェイクを飲み漁った。
IMGP7419
IMGP7419 posted by (C)@COZY
IMGP7331
IMGP7331 posted by (C)@COZY

ユアンとはバンビエン名物(らしい)チュービングもしたし(でも俺はスイミング笑)。
P1000367
P1000367 posted by (C)@COZY

凄く、リラックスしていた。
IMGP7354
IMGP7354 posted by (C)@COZY
IMGP7487
IMGP7487 posted by (C)@COZY
  1. ラオス(Laos)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:0
エントリー下部画像
エントリー上部画像
11月15日(日)

KAIKEO or paboomnoi Family House
を出て朝9時半にスローボート乗船。
ムアンゴイ
からノンキャウまで20000K(200円位)、所要1時間程。
IMGP6852
IMGP6852 posted by (C)@COZY

ノンキャウ
からミニバンに乗り、ルアンパバーンを目指す。35000K(350円位)。、
所要約3時間。3人オーバーの18人を乗せたぱんぱんの状態だったから、ベトナムを思い出した。
IMGP6889
IMGP6889 posted by (C)@COZY

ルアンパバーン
のバスステーションでソンテウに乗り、街へ。
バスステーション
発のソンテウは公式料金がある様子で、10000K(100円位)と、いくら大人数でシェアしようが関係無いし、ディスカウントにも全く応じてくれない。
IMGP6913
IMGP6913 posted by (C)@COZY

ルアンパバーン
は以前来た事がある街だ。
歴史ある街自体が世界遺産。
街に着いたら宿探し。日本人宿のCold river GHに最初行ってみたが高かったしおっさんの態度が気に入らなかったので4年前に泊まったビラデサGHに行こうと思ったが途中のkhonesavanh Guesthouseがディスカウントに応じてくれたので此処に泊まることにした。
30000K(300円位)でバナナ食べ放題ラオコーヒー飲み放題。かわいいわんちゃんもいる。
IMGP6952
IMGP6952 posted by (C)@COZY

ルアンパバーン
は以前来た事があるので3泊してだらだらと過ごした。
IMGP7097
IMGP7097 posted by (C)@COZY
IMGP7109
IMGP7109 posted by (C)@COZY
IMGP7226
IMGP7226 posted by (C)@COZY
IMGP7156
IMGP7156 posted by (C)@COZY

昼間は散歩したり宿で引篭もったり。
IMGP7032
IMGP7032 posted by (C)@COZY
IMGP7067
IMGP7067 posted by (C)@COZY
IMGP7174
IMGP7174 posted by (C)@COZY

朝は名物の托鉢を見たり。
IMGP7233
IMGP7233 posted by (C)@COZY
IMGP7194
IMGP7194 posted by (C)@COZY

メコン川
に沈む夕日を見たり。
IMGP6961
IMGP6961 posted by (C)@COZY

夜はナイトマーケットを見に行ったり日本人を見つけて一緒にベジタリアンビュッフェ5000K(50円位)を食べたり。
IMGP7000
IMGP7000 posted by (C)@COZY
IMGP7014
IMGP7014 posted by (C)@COZY

一緒にトゥクトゥクに乗った同じ名前の浩司君、元気かな〜
IMGP6968
IMGP6968 posted by (C)@COZY
IMGP7058
IMGP7058 posted by (C)@COZY
  1. ラオス(Laos)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:0
エントリー下部画像
エントリー上部画像
11月14日(土)

今日は1時間程歩いたところにあるバナ村BANNA Villageまでショートトレッキング、withマドモアゼル
フランス人のレオとマリーは昨日ナムウー川で出会い、一緒に夕食を食べた、良い感じのレディ!
朝二人のゲストハウスにお迎えに上がるが、二人とものんびりだ。
IMGP6595
IMGP6595 posted by (C)@COZY

ゆっくりお茶を飲んでから、いよいよトレッキングだと勢いづくが、二人はかなりマイペース。
IMGP6598
IMGP6598 posted by (C)@COZY
IMGP6657
IMGP6657 posted by (C)@COZY

珍しい花を見つけては、匂いを嗅いで、感想を述べ合っていた。
IMGP6606
IMGP6606 posted by (C)@COZY
IMGP6619
IMGP6619 posted by (C)@COZY

バナ
へ至る道、10000K(100円位)の通行料を払って、洞窟へ。
IMGP6625
IMGP6625 posted by (C)@COZY

洞窟には二人のマドモアゼルの歌声が反響して良い感じ。
IMGP6641
IMGP6641 posted by (C)@COZY

田園風景。
IMGP6724
IMGP6724 posted by (C)@COZY

刈り入れ時!?
IMGP6704
IMGP6704 posted by (C)@COZY

田んぼを抜けるとそこはバナ村
IMGP6727
IMGP6727 posted by (C)@COZY
IMGP6750
IMGP6750 posted by (C)@COZY
IMGP6756
IMGP6756 posted by (C)@COZY

子供達が「ハローペン」と言ってペンを欲しがる。
IMGP6764
IMGP6764 posted by (C)@COZY

帰り道。
IMGP6794
IMGP6794 posted by (C)@COZY
IMGP6808
IMGP6808 posted by (C)@COZY
IMGP6812
IMGP6812 posted by (C)@COZY

晩御飯は僕の行き付けNangPhonekeo Restrantで。
貧乏臭い日本人1人×フランス人のマドモアゼル2人×バナで会ったスペイン人4人×通りすがりのイスラエル人1人×リアルラオフードという異色な組み合わせで。
ムカデのラオラオ(日本酒みたいな奴)踊り漬けを…
…見た。
(飲んではいない)
IMGP6829
IMGP6829 posted by (C)@COZY
  1. ラオス(Laos)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:0
エントリー下部画像
エントリー上部画像
11月12日(木)

ベトナム・ディエンビエンフーから国境を越えて所要6時間程、午後12時過ぎにラオス・ムアンクアにバスは到着した。
そこにはナムウー川が流れていて、動く橋があった(!)。
川向こうにムアンクアの街がある。
5000K払って渡し舟で川向こうへ。
IMGP6225
IMGP6225 posted by (C)@COZY

ムアンクア
の街は小さくて田舎でラオスって感じ。
この街には来てないが4年前に来たラオスを思い出す。
IMGP6233
IMGP6233 posted by (C)@COZY

ナムウー川を下ればムアンゴイだ。
僕が行きたかった場所。
でも問題があって、それは銀行で両替出来なかったことだ。
ムアンクア
に一軒だけある銀行ではATMも無ければTCの両替も出来なかった。
つまり、ドルなんかのキャッシュを多めに持っておく必要があったってことだ。
ドルは25ドル持っていたが15ドルムアンゴイ行きのスローボートで使ってしまうし、国境の闇両替に失敗してラオスキップは1500円分位しか無いから、かなり心許ない。
行きたかったムアンゴイにも長くは滞在出来ない。
それどころかかなり節約しなければ。

14時頃スローボートは出発。
15ドルというのは後でわかったのだが実はかなり高いらしい。
ラオスでボラれるってイメージ無かったからな。
IMGP6315
IMGP6315 posted by (C)@COZY

何故か途中で船をチェンジし、ちょいちょいラオ人をピックアップしてたから、15ドルはやっぱりかなり高い気がした。
IMGP6285
IMGP6285 posted by (C)@COZY
IMGP6353
IMGP6353 posted by (C)@COZY
IMGP6375
IMGP6375 posted by (C)@COZY

ムアンゴイ
に近付くに連れ景色は桂林のようなダイナミックな山並みを見せるようになり、わくわくした。
IMGP6400
IMGP6400 posted by (C)@COZY
IMGP6417
IMGP6417 posted by (C)@COZY

ムアンゴイ
には4時間ほどかかって、凍え死ぬかと思った矢先、暗くなる前に到着した。

ムアンゴイでは一人でKAIKEO or paboomnoi Family Houseという村はずれのバンガローに泊まった。
1泊20000K(200円位)で、計3泊。
良い宿だったがベッドの上にまでが這っており、ちょっと痛かった(笑)。
IMGP6499
IMGP6499 posted by (C)@COZY

宿ではベジタリアンのハンガリー人シャンドンとの出会いがあったり、ゆっくりと過ごしていた。
IMGP6455
IMGP6455 posted by (C)@COZY
IMGP6482
IMGP6482 posted by (C)@COZY
IMGP6560
IMGP6560 posted by (C)@COZY

昼間はムアンゴイの小さな村を散歩した。
IMGP6510
IMGP6510 posted by (C)@COZY
IMGP6556
IMGP6556 posted by (C)@COZY
IMGP6514
IMGP6514 posted by (C)@COZY

御飯はNangPhonekeo Restrantで5000K(50円位)を見せて、安く美味しいリアルラオフードを食べさせて貰っていた。
IMGP6587
IMGP6587 posted by (C)@COZY

バンガロー内にはシャワーがあったが水圧がかなり弱々しいので、いつもナムウー川で泳いで、その後に水を浴びたりしていた。
IMGP6573
IMGP6573 posted by (C)@COZY
IMGP6568
IMGP6568 posted by (C)@COZY
  1. ラオス(Laos)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:0
エントリー下部画像
 |