エントリー上部画像
2011年12月16日加筆修正。

あれから2年経ちましたが犯人はまだ捕まってません。

あなたがもし海外旅行に出たらあなたは立派な旅行者です。
そこにはあなたと同じ旅行者仲間がいます。
良い人がいれば一緒に食事したり、宿をシェアしたりすることもあるでしょう。
実際あなたがそこにいたら、疑うことができるでしょうか?
僕の場合、良い人と出会って、親しくなっていけば、「この人は素晴らしい人だ」と思い、その人を信じたくなります
出来ることなら、疑うことなく、信用して、旅先ならではのかけがえの無い出会いを大事にしたいものです。
時に、人を疑うことは大変です。
誰でも誰かを信じたい、と思っているのではないでしょうか。

犯罪者たちは巧妙です。

僕は疑い深い人間ですが、騙されました

〜この記事は万が一、同様の詐欺師に騙されかけた人を最初に想定して書きました〜
もし、フィリピン、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナム等にこれから行く方、そういった友達を持つ方にこれを読んで頂けたら幸いです。

フィリピン人詐欺師と行きつけのラオス・ビエンチャンの韓国レストラン
ラオス・ビエンチャンにある韓国レストランにて。情報提供者Cさんから頂いた画像。

名前
: Jun Ejercito ジュン・エジェルシト?
   Jun Pineda ジュン・ピネダ?
   SANDIL DERWIN サンディル・ダーウィン?
   ウィン・ペレス?
おそらく時期によって名乗る名前を使い分けている模様。

国籍
: フィリピンPhilippines(住所はおそらくマニラManila。もしくはセブ島Cebu Island?)外務省の情報によるとシンガポール人と名乗る事もあるようだ。

職業
: 自称フィリピン航空のスチュワート(客室乗務員、フライトアテンダント)。もしくは航空会社のゴールド会員など。

身長
: 約180cm。

体重
: おそらく80kgくらい。

体格
: ガッチリとしている。お腹は少し出ている。

性格
: 社交的。人懐っこい。女好き。日本好き。沈着冷静。自分勝手。自信家。

使用言語:タガログ語、英語(発音はそんなに上手くは無い)、片言の日本語

@出没地域

特に気を付けるべきは今のところラオス・ビエンチャン。
フィリピンPhilippines(マニラManila、セブ島Cebu Island?)、ラオスLaos(ビエンチャンVientiene、ルアンパバーンLuang Phrabang)、タイThailand(ノンカーイNong Khai、ウドンターニーUdon Thani、バンコクBankok等々)、日本(東京近郊?)、ベトナムVietnam?、カンボジアCambodia?、台湾Taiwan?他東南アジアの日本人旅行者がよく行く地域かと思われる。

@詐欺の手口:
日本が好き」だとか、「今度日本に住むので日本のことを教えてくれませんか。」 とか言って近付いて来ます!
「会社から休暇中は手当てが毎日100ドル貰えるから御飯を奢る」 とか「無料の航空券を使わせてあげる(もしくは無料でアップグレードさせてあげる)」と言って、航空会社のオフィスとやらに犯人所有の携帯電話で電話し、日本語を話す女性オペレーター(おそらく犯人グループの一味)を通して、「航空券は無料だが税金等3$程本人名義のクレジットカードでまかなってほしい」と言って、クレジットカードの情報を聞き出し、暗証番号携帯電話に入力させて、後で気を許す隙を見計らってお金を引き出す、キャッシング。
また、女性に対しては容姿を褒め、「もっと知りたい」とか「結婚したい」と言ってくるらしく、結婚詐欺のような手法も使うのかもしれません。
また女性の被害者の場合、信用させるために女性の仲間とともに詐欺に及ぶことが多いようだ。
時と場合によって臨機応変且つ巧妙な手口を使って仕掛けてくるようですので気をつけてください。

犯人たちは、旅行者仲間のフリをして、上記の手口等により巧妙にクレジットカードの暗証番号を入手し、「フィリピンへ一緒に行こう」などと一緒に旅行しようというようなことを言ってくるらしい。
ホテルの部屋、マッサージ、プール、映画、飲食店等に誘って隙を見て、巧妙な手口を使い、仲間と協力し、クレジットカードを物理的に盗み出して、1日につき限度額一杯までキャッシングをする
一緒に旅をすればするほど、お金は消えていく。
具体的には、例えばホテルの部屋をシェアすることになったり、フィリピンでは彼らの自宅に招かれて、隙を見て仲間と協力してクレジットカードを盗み出され、キャッシングされる。
マッサージ店では、「高級スパの会員券があるから」等と言い、こちらが信用するのをいいことに「同じロッカーでいいよね?」という感じで罠を作る。「僕はまずフットマッサージ(またはフェイシャルマッサージ)をするから君は全身マッサージをしてくるといい」等と言い、犯人の一人がカードを奪い、マッサージをしている間にキャッシングし、クレジットカード自体は気付かないうちに返される。
また高級飲食店では、「食事はリラックスして食べよう」「荷物はおきなさい」「僕達は手でご飯を食べる」「手で食べることは食べ物を直に感じることが出来るからとてもいいんだ」「今回は自分達と同じスタイルで食べよう」「僕達はお祭りをとても大切にする」「お祭りでは特別な手の洗い方をすると願いがかなうんだよ」「特別な手の洗い方を教えてあげよう」などと言い、荷物を置かせたまま手洗いに連れて行き、その間に仲間がクレジットカードを奪う。

犯人たちは外道です。
時には奥さんや小さな子供を使って信用させようとします。
スカイプでテレビ電話のように家族を紹介したり、実際フィリピンに行ってしまえば小さな子供のいる家庭に招かれて、安心してしまうでしょう
犯人たちは小さなかわいい子供や、旅行者同士の、相手を信じる気持ちを逆手に取って詐欺に及びます。

@犯罪組織:
本拠地フィリピンでは単独ではなく、かなり強力且つ凶悪な犯罪組織シンジケート構成しているようで、地元マニラ市警察ツーリストポリスさえ味方に付けており、彼の居所を知っているAさんにも僕にも、彼を捕まえることは不可能なようです。何せ現地警察ですら彼らのグルなのです(フィリピンの警察は何かと悪名高い)。
また、日本人も仲間にしている可能性は高い。
海外を旅していると「日本人にこそ気を付けろ」と言われます。

@詐欺事件に関する経過
:

2009年11月 僕が被害に遭いました。
*僕が騙された詳しい経過は当時の記事にて!
ビエンチャン無料航空券クレジットカード詐欺事件。-Vientiene-Udon Thani-Nong Khai- http://cozyworld.dtiblog.com/blog-entry-117.html

2009年12月 タイで日本人に同様の詐欺の噂を聞く。

2010年3月 ブログを見た被害者Aさんとお会いしてお話をしました。
*僕がAさんとお会いして書いた記事はこちら!
危険情報:フィリピン航空、スチュワート、無料航空券クレジットカード詐欺事件http://cozyworld.dtiblog.com/blog-entry-146.html

2010年5月 ブログを見た被害者Bさんと電話でお話をしました。

2010年7月 ブログを見た被害者Cさんから情報提供のメールを頂きました(上の写真はCさんから頂いた物です。感謝)。

2010年7月 被害者であろうDさんのブログを発見。
*Dさんのブログはこちら!
フィリピン人詐欺師を捕まえろ!!ウィン・ペレスhttp://arrestwin.blog5.fc2.com/blog-entry-1.html

2010年10月 外務省の海外安全ホームページにて「ラオス:クレジット・カードを使ったキャッシング詐欺被害の多発」という注意喚起の情報掲載。
ラオス:クレジット・カードを使ったキャッシング詐欺被害の多発 http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2011C347

そして現在、被害者からちらほらとコメントやメールを頂くので未だ犯人は捕まっていないと思われる。


@犯人の写真:

僕は幸運にも写真を数枚撮っていて、それが無事だったのでUPして置きます。
いざという時の為でしょうか、写真を何かしら理由をつけて拒否することが多いようです。
因みに僕が撮れたのはその時一緒にいた日本人バックパッカー銀ちゃんのおかげです。
銀ちゃん感謝!

「宗教上の理由で写真には写れないんだ」等と言う人はちょっと疑った方がいいかもしれません。

ラオス、ビエンチャンにて。
IMGP7864
IMGP7864 posted by (C)@COZY
IMGP7865
IMGP7865 posted by (C)@COZY
IMGP7947
IMGP7947 posted by (C)@COZY

これはカメラに対して変な顔をしたと思われる。
IMGP7951
IMGP7951 posted by (C)@COZY

こういうキャリーバッグを持っていた。
IMGP7984
IMGP7984 posted by (C)@COZY
IMGP8001
IMGP8001 posted by (C)@COZY

横顔。タイ、ウドン・ターニーのKFCにて。
IMGP7986
IMGP7986 posted by (C)@COZY

タイ、ウドン・ターニーの豪華5つ星ホテルにて。
IMGP7991
IMGP7991 posted by (C)@COZY
IMGP7996
IMGP7996 posted by (C)@COZY


この男にはくれぐれも気を付けて下さい

そしてこの男を見た方の情報をお待ちしております!
コメントでもメールでも結構です!
kjbeat_yeah@yahoo.co.jp


ブログのアクセス解析をしていると、以前から被害者らしき検索ワードがあったので、新たな被害者の方がこのブログを見てくれてはいると思うのですが、コンタクトを取ってくれないんだと思うのです。

こちらには情報があります。

Aさんと話し合った結果被害者同士ネットワークを作る準備はあります。

是非、情報をお寄せください

最後に、僕は金銭的、物質的被害というよりも精神的被害の大きいこの詐欺を憎んでいます。
この詐欺の被害者は、人間不信や疑心暗鬼に陥ってしまう人が殆どのようです。
勿論騙される方も悪いと言う人もいるでしょう。
でも、
旅行者同士相手を信用したいという美しい心を踏みにじるような
この詐欺師たちを許せません
  1. お知らせ等(Infomation)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:6
エントリー下部画像
<<ダッカでの二週間 -Dhaka- | ホーム | カトマンズ再訪。パタンへ日帰り。 -Kathmandu->>

Comment List

tomoさん>

メールでのやり取りをさせて頂き、ありがとうございます!!
  1. 2012/08/27(月) 09:45:35 |
  2. URL |
  3. @Cozy #-
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして、ブログのこの記事を読んで私の経験を書き込みさせてください。私たちは現在世界一周中で多分この男と思われる人物からカード被害を受けました。だいたい2人で25万円くらいです。現在カード会社と色んな手続きに追われています。ビエンチャンのちょっと高めのゲストハウスで出会いその時のは「マイク」と名乗っていました。マレーシア国籍・精神科医で奥さん・子供・いとこの5人でした。英語・日本語・韓国語などを話していました。家族だったので安心しつつまったく油断してました。仲良くなってマイクという人物以外(本人はゴルフをするということで)郊外に観光に行った際に多分施錠した室内からカードを何らかの手口で情報を得て使用されてました。私たちはキャッシング機能を付けていなかったので航空券らしき物の購入とアップル製品の明細がカードに反映していました。その後この記事を拝見するまでは個人の犯罪だと思っていたので、なんとか解決を探していたのですが組織となると少しややこしそうですね。ちなみに被害に合ったのは3月29日以降です。少し長文になりそうですので、このコメントを確認したら直接メールいただければ詳細をより詳しくお伝えしたいです。
  1. 2012/07/06(金) 16:58:50 |
  2. URL |
  3. tomo #-
  4. [ 編集]

gbさん>

Hotな情報、ありがとうござます。
そうか、まだ奴は活動し続けているのですね…
新しいキーワードとして「ビリヤード」が出てきましたね。
>千葉県佐倉市でアパートを探している…ふむふむ。
フィリピン人ではなくシンガポール人と名乗ったのですね。
名前も全然違う!ケビン!
「屋台で焼き鳥」…というのも新しいかな。
「ホテルのランチチケット」…なるほど。
>何も疑わない人なら大体騙されてしまうのではないかと思います。
全くその通りです。
そんな人は被害の経済的ダメージと精神的ダメージから、泣き寝入りをしてしまう人が殆どでしょう。
なんとか、したいですね…。
  1. 2012/03/21(水) 20:12:46 |
  2. URL |
  3. @Cozy #-
  4. [ 編集]

まさにいま

昨晩ラオスのビエンチャンで彼と屋台で軽く飲んで、ビリヤードに行き、今日のランチに誘われました。
手口としては、19:20頃にメコン川沿いを僕が1人で歩いているところにまず現在時刻を聞かれ、嫁が国際線のキャビンアテンダントで、次は成田線に就くことになったから千葉県佐倉市でアパートを探している。礼金とはデポジットのことか?みたいな感じでアプローチを掛けられました。
自称シンガポール人でケビンと名乗った彼は35歳と言っていました。
いとこ(男)と待ち合わせをしていると言って屋台で焼き鳥を食べていました。
ここに書かれているのと同じように、長期の旅行なら節約しないといけないね、ここは奢るから遠慮しないでみたいなことも言われました。
次にビリヤードに誘われ、それも奢るから金はいらないと言われ、彼らのレンタルバイクで移動し、いとこ共々上手かったので何故か聞くと、家にビリヤード台があるから毎日やっていると言われました。
そしてバイクで宿まで送ってもらい、ホテルのランチチケットが余っているから、明日の12時に迎えに来るので一緒に食べようと言われ、別れました。
怪しさ満点だったので宿を教えてしまったのはミスかなと思いましたが、日が変わり、先程迎えに来たいとこに、ランチに行けない旨をやんわりと伝え、電話をケビンに掛けて変わり少し話したのち、帰ってもらいました。
いま、その直後です。
その為、僕は今回被害には遭っていないのですが、手口や話し口はかなり巧妙で、何も疑わない人なら大体騙されてしまうのではないかと思います。
  1. 2012/03/09(金) 15:06:04 |
  2. URL |
  3. gb #-
  4. [ 編集]

marieさん>

情報提供ありがとうございます!

>あのとき私も詐欺情報をいち早く情報提供していれば、被害者も減らせたかも・・・。

ということですが、実際被害があったのなら僕も凹んでしまってこんなブログ書いている
場合ではなかったかもしれません!
僕は今回ちょっと正義感に燃えてみただけです^^

あと、このブログはJUNを含めた悪い人たちがチェックしてるかもしれませんので、まりえさんて本名じゃないですよね??
本名だとしても特に何も出来ないとは思いますが。
僕はもちろんこーじって本名ですし顔も出してるからバレバレなのに平気ですからね!

よかったら、メールを下さい!
よかったら、連絡を取り合えるようになれば、と思います。

kjbeat_yeah@yahoo.co.jp
  1. 2011/09/20(火) 01:59:10 |
  2. URL |
  3. Cozy #-
  4. [ 編集]

たまたま通りかかった者です。2009年の11月ごろ、私も彼に会い、被害に合いました。当時、私もネットなどで彼のことについて調べようと試みましたが、恐らく被害者としては最初の方だったのでしょう、手がかりになるようなことは調べられずでした。カード会社からも、ビエンチャンでそのような例は聞いたことがないといわれ、補償の手続きに散々な思いをした経験があります。2年後、このような記事が書かれているブログをいくつか発見し、あのとき私も詐欺情報をいち早く情報提供していれば、被害者も減らせたかも・・・。と思ってしまいました。私の時はジュンの姉と名乗るフィリピン人が途中から合流し、携帯電話のオペレーターの女性の声は英語でした。あとの経緯はだいたい同じです。まさか、あの韓国料理屋(しかも同じ席!)をここでみることになるとは。彼らについて、こんなに詳しく載せていただき、ありがとうございます。これから渡航する方にとって、少しでも有益な情報になるとよいと思います。
  1. 2011/09/19(月) 16:20:07 |
  2. URL |
  3. marie #-
  4. [ 編集]

Comment Form

Track Back

トラックバックURLはこちら
http://cozyworld.dtiblog.com/tb.php/155-db984405
 |