エントリー上部画像
IMGP6794
IMGP6794 posted by (C)@COZY

10月29日(金)
IMGP0507
IMGP0507 posted by (C)@COZY

台湾最後の気合の入るヒッチハイク水頭碼頭スウェイトウマートウ(スウェイトウフェリーターミナル)へ若者4人に乗せてもらって、残った台湾ドルを使ってお菓子を買い、お世話になった方々に電話しようと思ったら何故か公衆電話でICカードが使えず、本当に後ろ髪を引かれる思いで台湾を出国し、アモイへの船に乗りました。
IMGP0509
IMGP0509 posted by (C)@COZY

台湾に来る前は、「台湾は世界一親日の国だから世界一周最初の国としては最高だな」位の知識しかなく、大阪で出会ったNHKのジョウさんに「台湾の九分が良いよ」とか聞いていた位で、大して期待してなかったんだけど、台湾は凄く良い!
ジョウさんが世界中回ってきてそれでも台湾は特に一番お気に入りの国だ、と言っていたのが頷ける。
IMGP0531
IMGP0531 posted by (C)@COZY

そんな感じで始めた台湾の旅だったから、何となく僕は「日本のように台湾をヒッチハイクと野宿で一周できないだろうか」とか「世界一の親日の国で日本一周して撮って来た写真で路上写真展をやってみたい」とか何となく思ってただけで、「実際はたいした見所も無いだろうから1〜2週間で台北近辺を回れればいいや」みたいな考え方だった。
Taiwan-612
Taiwan-612 posted by (C)@COZY

でもその「大した見所が無い」というのは大きな間違いだった。
台湾には世界遺産が一つも無い。
それは恐らく見るべき所が無いわけではなく、中国との政治的な理由から、ユネスコに加盟できないからであって、そこには原住民もいれば歴史もあるし、ポルトガルが昔「フォルモサ(美しい島)」と呼んだように素晴らしい自然がある。
IMGP1665
IMGP1665 posted by (C)@COZY

台湾には見所が沢山ある。
殆どの旅行者は台北市内とあとは近郊の九分とかそれ位しか行かないんではないだろうか?
台湾西部にある台南鹿港と言った古都や、台湾南部墾丁のビーチリゾート、台湾東部台東から花蓮にかけての絶景の海岸線や太魯閣渓谷、そして台北県の野柳は素晴らしい景観だった。
僕は台湾を一周しただけで台湾の全てを回ったわけではないから、他にも良い所は沢山あると思う。
あと、台湾には日本統治時代の遺跡的な建物が沢山ある。
保存状態の良い日本建築ボロボロの神社の鳥居等を見るのが僕は個人的に好きだった。
IMGP0473
IMGP0473 posted by (C)@COZY
IMGP6989
IMGP6989 posted by (C)@COZY
IMGP8971
IMGP8971 posted by (C)@COZY
IMGP2297
IMGP2297 posted by (C)@COZY
IMGP8114
IMGP8114 posted by (C)@COZY

何よりそこに住む人が良い
僕はヒッチハイクで回ったから自信を持って言える。
台湾人は非常に友好的で親切だ

でも言葉の壁はあるかも。
殆どの台湾人は英語を話さないし、流暢な日本語を話す人も中にはいるが、片言の日本語を話す人は多い。
多くの台湾人は日本人や日本に興味を持っていて、優しくしてくれるでしょう!
IMGP0230
IMGP0230 posted by (C)@COZY

台湾でのヒッチハイクは凄くオススメです。
僕はヒッチハイクにおいて安全性を一番重要と考えるので、安全性は日本にかなり近い、同じ位のレベルだと思う。
ヒッチハイクのし易さは日本のそれよりも上だと思う(ヒッチハイクにかかる待ち時間が少ない)。
でも「ヒッチハイク」と言う言葉はほぼ通じません
英語を話せる人ですら「Hitch-hike」という言葉を知らなかったりします。
でも台湾ではヒッチハイクはさほど珍しいことではなく、寧ろ人気があるように感じました。
ただ、「ヒッチハイク」という言葉を使わないのです。
そこで、何と言えばいいかと言うと、「搭便車(ダァーピェンチャー)」と言います。
僕はこの言葉を旅の途中で覚えて、魔法の言葉のように感じました。
なぜなら、口頭等で自分がやりたいことを説明する時や、ヒッチハイクボードを持たずに声掛けヒッチハイクをする時に非常に有効だからです。
声掛けヒッチハイクをする時は「ダァーピェンチャー、クーイーマ?(乗せてもらって良い?)」みたいな使い方が出来るからです!
あと、日本一周した時と同様、目的地を書く訳ではなく「台湾一周」という言葉をでかでかとヒッチハイクボードに書くのも非常に有効だったように感じた。
安全性についてですが、以前台湾を旅行していた日本人女性が台湾人タクシーの運転手に殺されるという大変痛ましい事件も起きているようですから、100%安全とは言い切れませんが、現時点では日本と同レベル位の安全性はあると思います。
IMGP0533
IMGP0533 posted by (C)@COZY

あと、カウチサーフィンもオススメです。
そこまで普及率は高くないようですが、日本人だと割と歓迎されると思います。
僕はカウチサーフィンで沢山台湾人の友達が出来ました
IMGP6807
IMGP6807 posted by (C)@COZY

僕が台湾を旅した9月15日から10月29日まではさほど暑くもなく雨もあまり降らないのでベストシーズンらしいのですが、台風は半端じゃなかったです
何も出来なくなると言うか、強い台風だと命の危険もあるでしょう!
IMGP0249
IMGP0249 posted by (C)@COZY

あ、食べ物も非常に美味しいです
そして台湾の方々はいろいろとご馳走してくれました。
台湾人は本当にお世話好きです。
僕は全然グルメではないのに、「何が食べたい?どういうものが好き?」と聞いてきたり、色々とご馳走してくれたりするので旅の途中から僕は「僕は食事に興味が無いんだ。写真にしか興味が無い」と言っても皆さん色々とご馳走してくれるのを止めませんでした(笑)。
だからだと思うんだけど、台湾では本来物価が高いので食費を削ろうとするところですが、すこぶる健康状態が良かったです。
IMGP6247
IMGP6247 posted by (C)@COZY

9月15日から10月29日までだから約1ヵ月半、ほぼヒッチハイクのみで台湾を一周させて頂いた!
お世話になった車は41台
お世話になったカウチサーフィンホストは10人
安宿に泊まったのは7泊
テント野宿4回
IMGP5941
IMGP5941 posted by (C)@COZY

本当はもっともっと台湾をじっくりゆっくり旅したかったけど、チベットに寒くなる前に行きたかったので僕は急いでいました。
実際なんだかんだでほぼ一番寒い時期にチベットに行くことになるんだけど。
IMGP0520
IMGP0520 posted by (C)@COZY

最後に、台湾は事実上一つの独立した国家ですが、中国がそれを阻んでいます。
いつの日か、拒否権という絶大な権力を持つ中国に完全に併合されてしまうことの無いよう、切に望みます。
僕の大好きな台湾の人々が、いつまでも笑っていられるように
IMGP5234
IMGP5234 posted by (C)@COZY
  1. 台湾(Taiwan)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:2
エントリー下部画像
<<金門島ヒッチハイクの旅 -Kinmen Island- | ホーム | 小三通から中国入国。厦門アモイ -China Agian in Xiamen- >>

Comment List

侑さん>

もちろん覚えてますともー!
おかげ様で元気でやってます!
ブログの更新が間に合いません汗
  1. 2011/02/27(日) 22:51:45 |
  2. URL |
  3. Cozy #-
  4. [ 編集]

こんにちは。

覚えてるかわからないですけど、
浦河在住の侑です。
お元気そうで安心しました( ´ ▽ ` )
写真とても素敵で感動です!!
これからも体に気をつけて頑張って下さい♪
北海道で写真売る時にはぜひ連絡下さいね( *`ω´)
  1. 2011/02/10(木) 12:50:12 |
  2. URL |
  3. 侑 #-
  4. [ 編集]

Comment Form

Track Back

トラックバックURLはこちら
http://cozyworld.dtiblog.com/tb.php/179-47e1953b
 |