エントリー上部画像
IMGP2422
IMGP2422 posted by (C)@COZY

ジャイプール Jaipur
インドの首都デリーの南西約260km、ラージャスターン州州都。
1727年、ラージプートのジャイ・スィン2世が、約11km離れた岩山に位置するアンベール城より、人口増加や水不足の理由から遷都したのが始まり。
約10kmの赤い城壁に囲まれ、通称ピンク・シティーと呼ばれ、宝石の産地としても有名。
IMGP8358
IMGP8358 posted by (C)@COZY

2011年12月7日(水)
ウッタル・プラデーシュ州マトゥラーを出て、ラジャスターン州ジャイプルへ。
マトゥラーを正午頃出発し、ジャイプルに到着したのは20時半(列車代68Rs100円位)。
旧市街へと真っ直ぐ伸びるステーションロード駅前通りを歩いて行き、辿り着いたトニーゲストハウスTony Guest House。
トニーとの出会いは忘れられない。
僕はいつだってギリギリまでディスカウントしてきた
ラデラデー、トニー!僕は貧しいバックパッカーだ!悪いんだけど一泊50Rs(80円位)でどうにか泊めてくれないか?」と僕。
ここで普通のインド人は怒ってしまうこともあるが(汗)、トニーは真剣なマリオみたいな顔をして
OK
え、50Rsでいいの!?
この宿は飯付きチャイ付きだ。100Rsは払ってくれ!」
お、おうそうか、まぁそれでも飯付きチャイ付きなら安いよな。OK!
ほうら、良い部屋だろう、125Rsでどうだ!?」
トニーは商売上手である。
だがそれでも、物価の高いジャイプルで飯付きチャイ付き125Rs断然安いと思えたから泊まることにしたんだ。
トニーは最後に言った。
「125RsであとはAs You LikePlease Helpトニーゲストハウス…」
この時はまだこの言葉の真意を僕はまだ知らない。
IMGP9669
IMGP9669 posted by (C)@COZY

ジャイプル、町の名前のジャイは創設者ジャイ・スィン2世を意味し、プルは城壁に囲まれた町という意味である。
IMGP1697
IMGP1697 posted by (C)@COZY

ジャイプルのマハーラージャーは、イギリスがインドの大部分を植民地化したイギリス領インド帝国時代においても、税金を納めるなどしする一方で領地の自治権は保証されていたと言う。
IMGP8657
IMGP8657 posted by (C)@COZY

1876年、ヴィクトリア女王の息子、アルバート王子がこの地を訪れた時、市街の建物を歓迎の色ピンクに塗ったのをきっかけとして、伝統的に建物にピンク色の塗装が施されるようになり、現在でもピンクシティーと呼ばれる所以となっている。
IMGP0663
IMGP0663 posted by (C)@COZY

ジャイプルには見所がたくさんある
IMGP8286
IMGP8286 posted by (C)@COZY

旧市街の中心にはハワー・メールHawa Mahal(風の宮殿)。
IMGP9401
IMGP9401 posted by (C)@COZY

マハーラージャー王族一家は今も居住しているシティ・パレスCity Palace。
IMGP8367
IMGP8367 posted by (C)@COZY
IMGP8410
IMGP8410 posted by (C)@COZY

ジャンタル・マンタルJantar Mantar(天文台)。
IMGP8958
IMGP8958 posted by (C)@COZY
IMGP9034
IMGP9034 posted by (C)@COZY

ムスリム(イスラム教徒)も多く、モスクの尖塔ミナレットに登らせていもらったりもした。
IMGP8578
IMGP8578 posted by (C)@COZY

城壁の外側は新市街となっている。
中央博物館(アルバート·ホール)Albert Hall。
IMGP3067
IMGP3067 posted by (C)@COZY

ヒンドゥー教徒の聖地ガルタ・ジーGaltaji。
IMGP2103
IMGP2103 posted by (C)@COZY

この辺はモンキーテンプルとも呼ばれる。
IMGP1915
IMGP1915 posted by (C)@COZY

太陽神スーリヤ寺院
IMGP1791
IMGP1791 posted by (C)@COZY

ジャール・メールJal Mahal (水の宮殿)。
IMGP0606
IMGP0606 posted by (C)@COZY

通称ビルラー・マンデル。ラクシュミー・ナラヤン寺院はステンドグラスの美しいヒンドゥー教寺院。
IMGP1410
IMGP1410 posted by (C)@COZY

ジャイプルには3つの城がある。
IMGP1334
IMGP1334 posted by (C)@COZY

アンベール城Amber Fort。
IMGP0437
IMGP0437 posted by (C)@COZY
IMGP0162
IMGP0162 posted by (C)@COZY

ジャイガル要塞Jaigarh Fort。
IMGP0259
IMGP0259 posted by (C)@COZY

ナールガール要塞Nahargarh Fort。通称タイガー・フォート
IMGP2786
IMGP2786 posted by (C)@COZY

さて、ジャイプルは意外にも見所が多く、トニーは面白いインド親父でトニーゲストハウスは思いの外居心地が良くて合計16泊もしてしまった。
IMGP3710
IMGP3710 posted by (C)@COZY

日本人バックパッカーじゅんちゃんやはるちゃんとも出会い、トニーゲストハウス一周年記念Partyも盛大に行われた。
トニーは愛車でアーシュラムや市場にも連れて行ってくれたし、商売上手なところはあるが、金儲け主義ではない、心の温かいインド人だった。
IMGP4154
IMGP4154 posted by (C)@COZY

トニーゲストハウスは何かが明らかに他の安宿と違っていた。
それは「Help」という言葉とともに半ば強制的に料理や皿洗いを手伝わされるからかもしれないし、トニーの笑顔が素敵過ぎるからかもしれない。
トニーのつくるラジャスターン料理が美味しすぎるからかもしれない。
トニー自慢のスペイン人の友人たちがデザインした屋上庭園のアートや、トゥルシーやハンモックのせいかもしれない。
口コミでやって来た各国のバックパッカーが醸し出すハーモニーだったのかもしれない。
とにかく、普通の宿には無いものを持っている。
普通の宿では体験できない何かがある
何が世界一かはよくわからないが、トニーゲストハウスは世界一の安宿だ
IMGP4000
IMGP4000 posted by (C)@COZY


ちなみに僕は16泊中何にも危ない目には遭いませんでしたが、宝石の産地であるジャイプルならではの宝石詐欺なる危険極まりない犯罪が横行しているようです!
僕の心の友、チベットで出会った日本人バックパッカー、エビちゃんのブログにてドキドキハラハラの監禁日記が面白いので是非読んでみて下さい!
Bacchusを捜して 〜世界一周中〜http://blog.livedoor.jp/one_smile_2_peace/archives/1978918.html

ジャーーイ・トニーゲストハウス
Jai Tony Guest House!
IMGP9919
IMGP9919 posted by (C)@COZY
  1. インド(India)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:0
エントリー下部画像
<<世界で最も聖なる地から聖地マトゥラーまで。 -Mathura- | ホーム | ブーンディでのHappy New Year -Bundi->>

Comment List

Comment Form

Track Back

トラックバックURLはこちら
http://cozyworld.dtiblog.com/tb.php/257-fb5ae07b
 |