エントリー上部画像
IMGP2159
IMGP2159 posted by (C)@COZY

カッチ Kutch
インド最西端の州グジャラート、大部分はカッチ湿地帯として知られ、パキスタンとの国境に位置するインドの最大の地区。
カッチ地方最大の街ブジは、昔カッチ大公国の首都であった。
2001年グジャラート地震では、この地区に大きな被害を受けた。
ブジ周辺には、カヴダ、ドルド、ホドカ、ビレンディアラ、ジュラ、ロダイ等、メガワル族やラバリ族等、少数民族(ハリジャン)の美しい村が点在する。
IMGP1729
IMGP1729 posted by (C)@COZY

2012年1月12日(木)
ラジャスターン州ウダイプルを早朝出てラーナクプル巡礼後、鉄道駅のあるファルナFalnaまでバスで移動(24Rs、40円程)。
Bareli Bhuj Aala Hazrat Exp.3等ジェネラルクラス(自由席)23:29発の夜行列車に乗る(131Rs、200円程)。
IMGP1680
IMGP1680 posted by (C)@COZY

2012年1月13日(金)
15時過ぎ、グジャラート州カッチ地方最大の街ブジに無事到着
IMGP1716
IMGP1716 posted by (C)@COZY

宿探し。
グジャラートは24時間チェックアウト制が多いらしい。
歩きまくり、聞き込みの結果、ブジ最安だというJay Guest House一泊110Rs(170円位)にチェックイン。
IMGP2029
IMGP2029 posted by (C)@COZY

ブジには2泊して、宮殿やスワミナラヤン寺院を見学。
IMGP1776
IMGP1776 posted by (C)@COZY
IMGP1807
IMGP1807 posted by (C)@COZY
IMGP1827
IMGP1827 posted by (C)@COZY
IMGP1837
IMGP1837 posted by (C)@COZY
IMGP1872
IMGP1872 posted by (C)@COZY
IMGP1856
IMGP1856 posted by (C)@COZY
IMGP1900
IMGP1900 posted by (C)@COZY

ウダイプルで日本人バックパッカーに頂いた小説「八日目の蝉」を読破。
IMGP2090
IMGP2090 posted by (C)@COZY

この辺の名物らしい。
IMGP2037
IMGP2037 posted by (C)@COZY

2012年1月15日(日)
ブジの観光案内所Gujarat Tourism Information Centerで入手した情報、そして地図を元に、カッチ地方少数民族ハリジャンの村々を冒険する
IMGP2109
IMGP2109 posted by (C)@COZY

ブジのバススタンドから14時過ぎに僕を乗せたバスは出発する。
カッチ大湿地
Great Rann of Kutchの中を北へバスは走り、少数民族ハリジャンの村人たちを乗せては降ろし、16時過ぎにドルドDhordoに到着
ドルドDhordoに到着すると、村人たちが話しかけてくる。
ラヌッサヴRann Utsavに行くのか?」
ラヌッサヴRann Utsavというのはどうやらカッチ大湿地の白砂漠The White Rannで行われているお祭りのことらしく、ブジの街でもブジへ来る列車の中でもよく聞かれた。
白砂漠The White Rannに行きたいんだ」と僕。
パーミット(許可証)は持っているのか?」と村人。
え、何それ?そんなの知らないよ!聞いてないよ!」
そんなの本当に知らない!僕は困って
パーミット(許可証)が無いとだめなの?」
いや、問題ない」と村人。
どないやねん!
IMGP2125
IMGP2125 posted by (C)@COZY

どうやら、俺が何とかしてやる、ということらしく、村人さんの一人の車に乗せていただく
ラヌッサヴRann Utsavお祭り会場の入り口で、バイクのおっちゃんに乗り換えて、目指すは白砂漠The White Rann
IMGP2133
IMGP2133 posted by (C)@COZY
IMGP2174
IMGP2174 posted by (C)@COZY
IMGP2189
IMGP2189 posted by (C)@COZY

白砂漠The White Rannで夕日を見た
IMGP2278
IMGP2278 posted by (C)@COZY

白砂漠The White Rannとは、雨季の間に海抜0mを下回るカッチ大湿地Great Rann of Kutchに海水が入るが、乾季の間に水分が干上がって海水の塩分で出来る言わば塩の砂漠である。
IMGP2284
IMGP2284 posted by (C)@COZY

ラヌッサヴRann Utsavお祭り会場では特設テントサイトがあったが、3000Rs〜(4500円位〜)と、僕が普段泊まっている安宿の料金の十倍以上する!
IMGP2399
IMGP2399 posted by (C)@COZY

ラヌッサヴRann Utsavお祭り実行委員の人々(殆どドルドDhordo村の住人)たちは皆親切で、チャイをごちそうし、ご飯を無料で食べさせてくれて、コテージの中で無料で寝かせてくれた
IMGP2407
IMGP2407 posted by (C)@COZY

何もかも失敗だらけだったはずの僕の計画が、ドルドDhordo村の人々のおかげで何もかもうまく行って、最高な気分で暖かい布団に包まれ、就寝した。
IMGP2413
IMGP2413 posted by (C)@COZY
  1. インド(India)
  2. TrackBack:0
  3. Comment:0
エントリー下部画像
<<ジャイナ教聖地ラーナクプルのインド最高建築アーディナータ寺院 -Ranakpur- | ホーム | グジャラート州カッチの冒険〜カロドゥンガーへ -Kutch- >>

Comment List

Comment Form

Track Back

トラックバックURLはこちら
http://cozyworld.dtiblog.com/tb.php/262-352fd5dc
 |